会則・内規

名古屋樟ライオンズクラブ会則

本クラブの会則は直近年度発行の「ライオンズクラブ会則及び付則(標準版)」(以下標準会則)に準拠するものとする。

名古屋樟ライオンズクラブ内規

本クラブの円滑な運営を図るためこの内規を定める。

第1条 名称およびスローガン

A項 標準会則第1条1項に定める名称を名古屋樟ライオンズクラブとする。
B項 本クラブのスローガンは毎年7月会長が理事会の承認を得て定める。

第2条 入会金および会費

A項 標準会則の付則第5条1項の入会金は「別表1」による。
B項 標準会則の付則第5条2項の会費は「別表2-1」及び「別表2-2」による。
C項 前項に定める会費のほかに理事会の承認を得て特別会費を徴収することができる。

第3条 副役員

A項 標準会則第6条1項に定める役員のうち幹事 会計 ライオンテーマー及びテールツイスターに副役員を置くことができる。
B項 副役員は役員として待遇され理事会に出席して意見を述べることができる。
但し正役員欠席の場合を除き議決権を有しない。
C項 副役員の選出方法および任期は役員に準ずる。
D項 副役員は原則として次年度正役員に選任される。

第4条 理事会

標準会則第7条1項に定める理事会の構成員のうち理事の定数は1年理事2名以上5名以下 2年理事2名以上5名以下および会員理事1名とする。

第5条 監査

A項 標準会則第7条3項(d)に定める監査は少なくとも2度(年度中間および年度末)受けなければならない。
B項 前項の監査を行う為2名の監査委員を置く。
監査委員は選挙により選出される。

第6条 選挙

A項 標準会則の付則第4条2項に定める指名委員の数は5名以上7名以下とし、理事会で候補者を選出する。 委員長は前会長が務める。
B項 指名委員会は委員候補者 副役員候補者および監査委員候補者の名簿を作成し会長に提出しなければならない。
C項 指名委員会は原則として5役の留任または再任指名を行わない。
D項 指名委員会は原則として会長候補者は副会長から 副会長候補者は前元役員又は前元理事から指名する。

第7条 会合

A項 標準会則の付則第3条1項に定める例会で理事会で必要と認めた時は日時場所等を変更することができる。

第8条 諸経費

A項 標準会則第8条1項および2項に定める大会に代議員を派遣するとき理事会の承認を得て会費の1部を負担することができる。
B項 本クラブから地区役員が選出されたとき理事会の承認を得て活動費を負担することができる。
C項 例会におけるスピーカーに「別表6」に定める謝礼をすることができる。
D項 他クラブでメークアップしたときの会食費で本クラブ会食費を超える部分は本人の負担とする。
E項 全名古屋ライオンズクラブの各種行事にかかわる諸費用は全名古屋ライオンズクラブ運営規約に基づき理事会で決定する。

第9条 慶弔

A項 会員の誕生日 結婚記念日 長寿記念日 叙勲および褒章その他の慶事には「別表3」に定める記念品を贈ることができる。
B項 会員または会員の配偶者および一親等もしくは同居家族が逝去の時は「別表4」に定める供物を供えることができる。
C項 会員が傷病のため相当期間療養を必要とするときは「別表5」に定める見舞い品を贈ることができる。

第10条 表彰

会員が「別表7」に定める各種表彰規定に該当しもしくは表彰資格を得たときは理事会の承認を得て表彰することができる。

第11条 事務局

A項 本クラブの運営を円滑に行うため事務局員を置くことができる。
B項 事務局員の待遇 管理などは理事会の承認を得て幹事が行う。

第12条 趣味の会

A項 本クラブ内に会員相互の親睦を深めるために趣味の会を置くことができる。
B項 趣味の会は規約および代表者を理事会に届け出てその承認を得なければ成立しない。

第13条 友好提携クラブ

A項 本クラブの友好提携クラブは336-B地区所属の岡山ももたろうライオンズクラブとする。
B項 幹事は相互の行事や会員の消息など クラブ間の連携に留意しなければならない。
C項 慶について
会員が叙勲を受けられた時 会長名にて祝電とクラブよりのお祝い金10,000円とする。
D項 訃報について
会員本人が逝去された時、会長名にて弔電とクラブよりのご香典10,000円とする。

第14条 家族会員

ライオンズクラブ会則および巣即標準版 付則第1条第1項(a)正会員中 家族会員プログラムの基準に規定される通りとする。

A項 家族会員有資格者
配偶者、子供、親、その他法的親族で、同居及び同居と同等と認められる成人で、4人以内とする。
B項 家族会員の義務及び権利は次の通りとする。

例会出席 事業活動参加 クラブ・地区役員資格 代議員資格・投票権
随時 随時
C項 家族会員の会費は次の通りとする。

入会金 運営費 事業費 周年積立金
不要 20,000円 5,000円 5,000円

会費の徴収は、前期・後期に分けて徴収し、期の途中からの入会であっても月割りの徴収はしない。例会会食費は、出席日数分を半年毎に精算する。

D項 家族会員手続き
新会員として入会する家族員は、招請を受け、会員委員会を経て理事会の承認、
及び例会での承認を得なければならない。
E項 家族会員の規定に定められた事以外で、必要なことが生じた場合は、別途規定を定め、
その都度理事会にて決定する。

第15条 内規の発効

本内規は昭和63年1月11日より実施する。
平成13年7月1日      一部改定
平成15年7月1日      一部改定
平成16年7月15日     一部改定
平成19年8月3日      一部改定
平成24年2月16日     一部改定
平成25年3月21日     一部改定
平成30年6月21日     一部改訂

別表

別表1 入会金

新会員 転 籍 交 替
50,000 50,000 50,000

別表2 会費明細

正会員 終身会員 不在会員
経常会費 150,000 150,000 150,000
周年積立金 10,000 10,000 10,000
合計 160,000 160,000 160,000

※正会員、不在会員運営費は国際協会会費$43(レート換算変動性)を含む。
※終身、不在会員の会食費は出席日数分を半年毎に正会員に準じて清算する。

別表3 慶祝

誕生日 金婚祝 長寿祝
5,000 10,000 10,000

※叙勲、褒章その他の慶事はその都度理事会に諮る。
※長寿は喜寿、傘寿、白寿を言う。

別表4 弔慰

御香料 御供物 生花
会員 20,000 5,000 一対
家族 10,000 5,000 一対

別表5 傷病見舞い

お見舞い 10,000

1ヵ月程度の加療のとき

別表6 スピーカー謝礼

30,000

別表7 表彰規定

1.シェブロン賞 入会後10年以上在籍した会員。
2.皆出席貸 年間例会に皆出席した会員。
(他クラブメークアップ、国際、地区、複合地区大会等を含む)
3.その他理事会で承認された事項。

別表8 YCE派遣生旅費負担

YCE派遣生の旅費負担金は夏期、冬期派遣とも派遣生1/2スポンサークラブ1/2とするが、クラブ負担の総額は20万円とし、派遣生人数の均等割りとする。

クラブ紹介に戻る