第723回例会プログラム<春季家族会>

日 時 2016年4月21日(木)12:00~
会 場 「二人静」
司 会 計画副委員長 L峯


第723回例会は「春季家族会」で、目的地は信州駒ヶ根の枝垂れ桜で有名な宝積山 光前寺参拝と駒ヶ岳の千畳敷カール散策です。定刻に小雨がぱらつくテレビ塔前を出発し、中央自動車道で一路駒ヶ根インターチェンジを目指します。途中、恵那峡サービスエリアで休憩を取る頃には薄陽も差してきました。長野県に入り、残雪の中央アルプスが見え隠れする中、11 時頃に光前寺に到着しましたが、7年に一度の御本尊ご開帳と枝垂れ桜の満開が重なって門前は大変な賑わいです。門前や参道の桜を観て、樹齢千年程の杉木立を経て御本尊に参拝し、身も心も清らかに成ったところで、駒ヶ岳の麓にあるホテル「二人静」に向いました。ホテルの玄関から見上げる駒ヶ岳の山頂は残雪に包まれています。計画副委員長L峯 の司会で例会が始まりました。開会のゴングを打った第一副会長L伊藤(孝)は、30 周年記念例会の成功は全メンバー結束の結果であり、今後もクラブの運営に協力して欲しいと挨拶しました。ここからは懇親会です。開宴の挨拶に立ったL清田は「30 周年記念特別例会は、当初の目的通り厳粛かつ簡素に終える事が出来た。他クラブの周年例会の参考になれば幸いだ。協力頂いた全会員に感謝したい」と話しました。続いてL鷲見の発声で乾杯の後、山海の珍味を堪能しました。楽しい時間が過ぎて、L加藤の閉宴の挨拶で御開きとなり、いよいよ駒ヶ岳千畳敷カールに向けて出発です。 記:PR委員長 L村松
食事を終えると、雨が相当強く降っていた為、宿の温泉に入って、ゆっくりしたいチームと雨を物ともしないロープウエイチームの二手に分かれ行動することになりました。15 名のロープウエイチームは、自然保護の為一般車両が通行できないので宿まで専用バスにむかえに来てもらい、一路しらび平駅へ。曲がりくねった急坂を30分程揺られ、時にはカモシカや猿等野生の動物と出会う事もあるそうだが、今日は雨の為か残念ながら手つかずの景色と清らかな空気のみ満喫しました。山頂の千畳駅迄7 分程度のロープウエイの旅だが乗るときは強い雨、そしてミゾレに変わりすぐに霰・ヒョウになり山頂につくころには、雪が真横に降っていた。途中の谷は、ずっと奥の方までまるで氷河の様で日本とは思えない景色だった。頂上には、吹雪の為ロープウエイが運休してしまうので15 分の滞在で麓へ。ちなみに我々以外の客は4 名程度だったか、ちょっとしたアドベンチャーでした。 記:L早川

1)開会宣言並びに開会のゴング 第一副会長 L伊藤(孝)
2)会長挨拶 第一副会長 L伊藤(孝)
3)幹事報告 幹 事 L平林
4)テールツイスターの登場 テールツイスター L遠山
5)出席率の報告 出席委員長 L後藤
6)閉会の言葉並びにゴング 第一副会長 L伊藤(孝)
~懇親会~
1)開宴の挨拶 結成30周年記念大会委員長 L清田
2)乾 杯 元ゾーン・チェアパーソン L鷲見
3)お食事、ご歓談
4)テールツイスター報告 テールツイスター L遠山
5)閉宴の挨拶 7RYCE委員 L加藤


当日の様子

723reikai__01 723reikai__03
723reikai__04 723reikai__05
723reikai__06 723reikai__07