ライオンズクラブとは

ライオンズクラブ国際協会

ライオンズクラブ国際協会はシカゴの実業家メルビン・ジョーンズの夢が結実したものです。彼は、狭い地域に限られたビジネスクラブの活動範囲を、単に事業に関する問題から地域社会や世界全体の福祉の問題にまで拡大する必要があると考えました。

ジョーンズ自身が所属していた「シカゴ・ビジネス・サークル」もこれに賛同しました。アメリカ国内の類似のクラブに呼び掛けた結果、1917年6月7日、シカゴのラサール・ホテルに27クラブの代表が集まり、会議が開かれました。この会議では、参加したクラブの一つ“Association of Lions Clubs”の名前を継承することとし、同年10月にアメリカ・テキサス州のダラス市で第1回大会が開催され、会則及び付則、目的及び道徳綱領が承認されました。

その中に盛り込まれた一つの理念に「いかなる会員も、ライオンズクラブを経済的利益を得る手段として不正に利用してはならない」というものがあります。この、他者に対する利己的でない奉仕の精神は協会の信条の一つとして受け継がれています。

設立からちょうど3年目の1920年にカナダで初めてのクラブが設立され、ライオンズクラブは国際的な組織となりました。その後、特に1950年代と1960年代を中心として国際的拡大を続け、ヨーロッパ、アジア、アフリカなど世界中でクラブの結成が相次ぎました。

ライオンズクラブ国際協会

1925年、オハイオ州セダーポイントで開催された国際大会で、ヘレン・ケラーがライオンズに「盲人のために暗闇と戦う十字軍の騎士」になるように呼び掛けました。この時から、ライオンズクラブは視覚障害者に対する奉仕に積極的に取り組んでいます。

国際的な役割を広げる中で、1945年、ライオンズクラブは国連が非政府組織(NGO)の憲章を作成するのを助けるように求められました。そして国連の相談役としての立場は現在も続いています。

1990年、ライオンズは最も意欲的な視力保障事業「視力ファースト・プログラム」をスタートさせました。これまでに、2億200万ドルを投じて世界中の予防または回復可能な失明を根絶するために努力を重ねてきました。

盲人及び視覚障害者への支援に次いでライオンズが力を入れているのは、青少年のための奉仕活動です。また、環境保全や障害者のための住宅建築、糖尿病教育支援、聴力関連事業など、ライオンズクラブ国際財団(LCIF)を通じ、世界中にあらゆる支援を行っています。

そして現在、ライオンズクラブ国際協会は205の国及び地理的領域に45,000クラブ、130万人の会員を有する、世界最大の奉仕組織の一つとなりました。

クラブ紹介に戻る